msx-basic_01.jpg

 wizんさんに頂いたベーマガに載っているプログラムを打ち込み始める。
これでもまだ5分の1・・・。ガンバロウ(´・ω・`)
っつか、青地に白の文字の画面って結構目にくるのに気付くw
ましてや、最近左目の炎症で医者にかかってる身だけになおさら・・・。
なので「COLOR 15,1」と入れてバックを黒にすることに。

「MSX-FAN」とかも集めてみたいもんぢゃが・・・売ってないよなぁ。。
ブックオフとかよりも個人経営の古本屋の方が見つかり易いかしらん?
でも田舎じゃあ、そんな店ほっとんど残っちゃいないんだよね。。
東京には結構あったんだけど・・・。
スポンサーサイト

 MSX-BASICで音を出してみるテスト。
MMLの仕組みをちょこっとだけかじってやってみる。

PLAY"CDEFGAB"

と打ってリターン。
これで「ドレミファソラシ」・・・まで鳴る。
「C=ド」・「D=レ」というふうにそれぞれ対応しており、
アルファベットの文字列で譜面を作るのがMMLの基本。
でもって、次の"ド"まで出すにはオクターブを指定する必要がある。
指定するためのコマンドは"O"で、"O4C"といった具合に書く。
真ん中の"4"はオクターブの段階を示しており、1~8まで指定可能
初期値は4で、オクターブを指定しない場合はこの数値になる・・・と。

で、これで「ドレミファソラシ」まで出すとなると、

PLAY"O4CDEFGABO5C"

 よし、これで鳴ったぞ♪
しかし、1チップMSXの音って異様に小さいなぁ。
ボリューム値を45くらいまで上げないとマトモに聞こえないぢゃまいか。
(普段は10前後でじゅうぶん)
つーことで、マスターボリュームの方を上げてみる。
ボリューム値のコマンドは"V"

PLAY"V15O4CDEFGABO5C"

 おー、かなり大きく・・・、と言うより、普通の大きさになった(^^;
昔のMSX実機もこんなに音が小さかったのかしらん?

今日のところはここまで。
道はまだまだ長い・・・。

 今年最後の買い物!
ついにアレを買ってしまいますた!

1チップMSX

 1チップMSX!
いつか買いたいと思っていたパソコン、MSX。
ついにヲラもMSXユーザになっただよw
オデはこのMSXでヒーローになるのぢゃ!(意味不明)

1チップMSX vs NEWファミコン

 かつてのライバル機・ファミコン(AV仕様)との大きさ比較。
NEWファミコンよりさらに一回り小さい感じ。めちゃコンパクト。
今年9月頃の試作機を見た段階では、
「なんかパチモノファミコンっぽい外見でダサくな~い?」
とか思ってたんですが(逝)、こうして完成品を手に取ってみると
なかなかどうしてイイ感じに思えてきますね♪
アルテラのFPGAチップが輝いてるぜ(謎

 ・・・とはいえ、現時点では、
この1チップMSXで出来る事は何も無いんだけどネ(;´ω`)
現在持ってるMSX用の『魔導物語1-2-3』はFDだからできないし、
SDカードをまだ買ってないから、ディスクイメージを入れて
ゲームプレイということもできないし、
そもそも今使用してる窓機にはSDカードスロットが無いし(逝

PS/2のキーボードが使えるのでMSX-DOSでもいぢくってみようかと
キーボードを探してみたものの、あったのはPC-9821用のだけだった(氏
(今使ってるパソコンは一体型なので、キボド取り外し不可)


 ということで、買ったけど何もしてません!(屍
こ、これでは宝の持ち腐れ・・・( ̄A ̄;;
ゲームパッドなどの周辺機器も一切持ち合わせてないし。。
なんとかしなくては・・・ッ! 記事を読む →

1チップMSXの一般販売を2006年12月11日よりスタート

 欲しいなぁ・・・。
今1番欲しいハードだったりw
サブロー? 駅3? Wii??
後ででじゅーぶん!

でもお金がない自分(T-T)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。