上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 居住区・34階くらいまで来た。
一言感想としては「地味に面白い」
見た目は結構特殊だが、中身はオーソドックスな2Dアクションです。

・影の上を歩いていく、という特殊性

 本来なら背景である影がフィールドで、手前に見える橋や鉄柱が背景という
主従逆転しているグラフィックのギャップがこのゲームの面白いところ。
地面に写っている影をよじ登って行ったりするのは視覚的になかなか新鮮だw

・雰囲気が良い

 全体的に『ICO』っぽい雰囲気なので好きな人にはオヌヌメ。
キャラクターのセリフも少なめで静寂感・孤独感もディ・モールト良し。
昨今のゲームにしては演出が非常に簡素だが、個人的にはそれでいい。

・アクションゲームとしては普通

 敵との戦闘もあるが謎解き・パズルが主体のアクションゲーム。
謎解きはそんなに難しくなく、普通の人ならサクサク進めるでしょう。

しかし戦闘でできるのは基本的に剣撃のみで防御・緊急回避などは全く無い。
攻撃も通常攻撃(3連斬り)・しゃがみ斬り・ジャンプ斬りとバリエーションは少ない。
主人公に敵をザクザク斬っていけるような強さもタフさも無いので、
アクション下手な人は苦戦するところがあるかも知れません。大グモとか。
一応レベルアップがアクション初心者救済策にはなってるけど。

あと、今のところボスキャラとの戦闘はまったくありませんw
逃亡戦だけは一度あったけど。

・BGMが空気

 完全にアンビエント(環境音楽)ですね。
それも非常に地味。別にサントラ要らなかったかもな・・・。
雰囲気重視とはいえ、もうちょっとメロディがあってもよかったのでは。
・・・っつか、もしかして本当に9曲くらいしか無いのでは?

・個人的評価
 ★★★★

 地味なゲームだがこの地味さがいい。
ファミコン時代を思い出させてくれるぢゃまいか(良い意味で)
気になる人は買ってみてもソンはしないと思うYO!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

(微バレ)

鉄男と勇者

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。