上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

bc-5600s.jpg

 ソニーオプティアークのBC-5600Sを買ってみちゃった。
BDはリードのみ、しかも2倍速という遅さだが別にいいもん!
BD書き込みとかする気無いし、読み込みも市販・レンタルBDを再生できれば良い。
それにベゼルの色が黒っぽくて今の箱に合いそうだったし。
(物によって、黒といってもグレーに近い物が多々ある)
大事なのは中身じゃない、見た目だ!(ぉ

SST-ML03B_5.jpg

 組み込むとこんな感じ。まぁまぁ合ってる、かな?
さっそくそのスロットインドライブに空ディスクを入れてテストしてみたが・・・
・・・思ったより動作がチャチな感じでウ~ン。
だいぶ奥まで入れてやらないと飲み込んでいかないし、
排出時にはディスクを射出する気か!?という勢いで出てくる。
Wiiのような丁寧な出し入れを期待するとガッカリ感がしますなー。

それと、正面に付いているイジェクトボタンを押してもディスクが出てこない。
つーかこのボタン、押しても「ボタンを押した」という感触がしない。カチカチしない。
なんかボタンとゆーより「ボタンのような模様」を押しているといった感触だ。
これは初期不良なのか? まぁボタン無しでもリモコン操作で出せるんだが・・・。
今度暇な時ベゼルを外して中がどうなってるかを見て、交換してもらうか決めようか。

SST-ML03B_6.jpg

 最後に現在の箱の中身。
奥行きの長い光学ドライブだと電源と干渉したが、スリムドライブなら全然余裕♪
とはいえ、下のリモコン受光部に配線を繋がなきゃいけなかったりするため、
取り付けにはなかなか手間がかかったのだが。

狭っ苦しい箱で配線には毎度苦労するが、
右側に排気用80㍉ファンを4つも並べたので通気性は良好。
前2つは1200rpmで静か&風量少なめ。後ろ2つは2000rpmでファンコン制御。
CPUクウラすぐ後ろのフルハイトリアスロットをファンコン装備で有効活用!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ドイツの人工衛星ってどうなったの

よくばり

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。