上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 少し前に頼んでたWiMAXのお試しルータ届いたー。

trywm_01.jpg

 サービスエリアマップを見る限り、ウチは範囲ギリギリのラインにあるのだが、
果たしてここまで電波は届いているのか? 届いているとして、どの程度の速度が出るのか?
ということを確かめるためにレンタルしてみたのサ。
試用期間は15日。まぁ色々試させてもらおう。

trywm_02.jpg

 とりあえず電源を入れてみる・・・と、電波強度は中を示すオレンジ、使える!
しかし「かろうじて」といった感じで、WiMAXの電波発信方向に近い窓際から離すと
すぐに赤(電波強度弱)になってしまうというギリギリさ。1階では全域で赤だった。
電波塔からウチまでの間に、障害となりそうな建物が無いのが幸いしたのか・・・。田舎万歳。
てーか都会でエリア内に余裕で入ってても、周囲を高層ビルで囲まれてたりしたら、
エリア圏外になることも少なくなさそーだね。

 んぢゃ、回線のスピードテストしてみようか。

trywm_03.png

 電波塔に1番近い窓際に置いた状態でテスト。PC側の無線LAN子機はコレ
この計測結果はベストスコア。通常使用では大体550kB/s程度といったところ。
さすがにこの電波強度では40MB/sには程遠い・・・。まァ予想してたことだが。
しかしこれでも現行のADSLが400kB/s程度しか出ないので、若干のスピードアップではある。
NTTの交換局がもっと近くにできる可能性はほぼ0だが、WiMAXのアクセスポイントが
もっと近い位置にできる可能性は将来的に十分あるので、この先もっと速くなるかもしれない。
が、現行の電波強度ではまだ導入は微妙かなーw

○WiMAXの利点:工事不要・配線不要・電波が届けばモバイルルータでどこでもネット可能
×WiMAXの欠点:回線の安定性は当然固定回線には大きく劣る

 ちなみにこのルータはWi-Fiによる無線接続専用だけど、
LANケーブルで接続できる機種もあるので、WiMAXルータを受信感度の良い位置に置いて、
LAN接続したブロードバンドルータでネットワーク機器類を接続、といった使い方もできそうだ。
つーか、モバイルルータの無線LANの電波はあまり強そうでないので、
家庭内で使うならそうした方が良さそうだ。

んでわ、明日は街中でのテストをしてみよう~♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ビンタ発売してたのね

未だ調整中

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。