上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 インテルに乗り換えてから約半月。
現在のところ特に大きなトラブルも無く安定している・・・が、
このママン(GA-EP45M-UD2H)にはちょっと不満もある鴨。

1.Windowsの起動は速いが、BIOSのPOST画面が長い

 高速なCPUのおかげでXPの立ち上がりは本当に速い。
(「ようこそ」画面が0.3秒で消える)
・・・が、戯画ママンのBIOSのPOST画面が前のASUSママンより時間がかかるため、
起動までに要する時間は相対的にほとんど変わらないorz
聞くと、最近の戯画ママンはどれもPOSTにかかる時間が他社より長いらしい・・・。
まぁ40秒程度で起動完了するんならそれで十分だとは思うけどさ・・・。
昔使ってたバイヲは確か1分以上かかってたしね・・・。

それとAHCIモードにすると、それのBIOS読み込みでさらに6~7秒要するので
もうAHCIは窓から投げ捨てますた。(AHCIにしても体感的に速く感じなかったし)

2.ClearTypeフォントの表示が見辛い(ドライバの問題?)

 次の画像を見てもらいたい。
まずはXPでブラウザを開いたときのものだ。

XP側

次にWindows7RC(x64)で同じくブラウザを開いたときの表示。

Win7側

 おわかりだろうか?
どちらも同じフォント(MeiryoKe PGothic)を使用している。
にも関わらずOS次第でこんなに表示が違う!
XPの方の黒文字が全体的に線が細くて見辛いぞッ!
おそらくはWinXP用に提供されてるG45グラフィックドライバが駄目駄目なのかと。
GF7900GSではこんなことなかったデスし。

やっぱグラボ挿しておこうかな・・・。ラデを買うまでの繋ぎでもいいから。

3.ファンが制御不能

 PWM対応ファン以外では、BIOSでの自動ファンコン機能が使えません(´・ω・`)
それだけならまだしも、SpeedFanでのコントロールも一切効かない!
CPUファン用のコネクタに通常のファンを接続すると常に定格で回転。
ケースファン用のコネクタに挿すと定格の約80%で回るという謎仕様。
結局CPUファンも全て風マスターで手動制御することになりましたとさ。

最近発売された風サーバーの自動制御ってどうなんだろう・・・。
少し購入も考えてみたりする恭子の頃。

4.電源OFFの時もUSBコネクタから給電されてる

 Windowsを終了しても、主電源のスイッチを切らない限り
USBコネクタから電気が供給され続けているという仕様みたいです、コイツ。
やっぱりこれも戯画ママンの特徴なんだとか。
電源OFFの状態からでもUSB端子から他の機器への充電ができたりして
便利な側面もありますが、ポータブル型HDDなどを挿しておくと
シャットダウン後もディスクが回り続けてしまうという欠点にもなる。
どちらかというと、電源OFF時は給電も切れた方がいいなぁ。
せめてBIOSで設定できればよかったのに。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ダメダコリャー!

ザ・多々買い

comment iconコメント

コメントの投稿



trackback iconトラックバック

トラックバックURL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。